一年の健康を願って節分の行事を楽しもう!

お母さんにプレゼント

花

日ごろお世話になっている母親に感謝の気持ちを込めてプレゼントをする母の日があります。毎年恒例なので、何をプレゼントしていいか迷っている時は、予算から決めると贈る品が選びやすくなります。

大豆以外もある豆まきの豆

豆まき

節分の際に用いる豆まきの豆は地域によって異なる場合もありますが、一般的には大豆であり、地域によっては半数以上の人が落花生を豆まきの豆としています。最近はコンペイトウ入りの豆まき大豆も販売されており、コンペイトウは歳の数だけ豆を食べる時のサポーターになっています。

感謝の気持ちを込めて

親子

両親への感謝はなかなか伝える機会がありませんが、年に一度の母の日・父の日を良い機会とし、プレゼントを添えて感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。近年は生花だけでなく様々なプレゼントが一般化してきていますので、インターネットなどの情報を活用してみてくださいね。

豆まきと美味しい太巻き

鬼と豆

手軽に楽しめるイベント

日本には古くから伝わる文化がいろいろありますが、節分は「鬼」と「豆まき」という小さな子供にもわかりやすいという特徴があり、家族のイベントとしても楽しまれています。事前に子供が自作の鬼の面を手作りしたりすることで、手軽に気分を盛り上げることが出来る行事としても人気です。最近では恵方巻といった太巻き寿司の丸かぶりといったグルメ的要素も加わり、ますます人気に拍車がかかっているのです。もともとは関西の方で江戸時代から明治時代にかけて流行った文化とされていますが、コンビニチェーンが参入して全国的に知れ渡り、現在ではスーパーやデパートなどでも人気の食材となっています。太巻きの大きさや種類もいろいろあり、子供向けのハーフサイズやスイーツ太巻きなど、老若男女楽しめるイベントが節分なのです。

お父さんの鬼は必要ない

では節分の豆まきは、何か特別なルールがあるのでしょうか。子供が作るお面をお父さんが被り鬼役を引き受けることが多いようですが、実は豆まきには鬼役は必要ないと言われています。なぜなら、鬼=邪気と言われており、実体のないものだからです。言い伝えや絵本などでは、邪気を表すために鬼で表現していますが、自宅で豆まきを行うときにはお父さんを鬼にするのは可哀想なのでやめておきましょう。太巻きを食べるときには、その年の恵方を向いて、黙って頂くのがルールだと言われています。節分での太巻きは包丁で小さく切ったりせずに、丸かぶりで一気に頂くことで、年の運を丸呑みできるというわけです。中身の具は、七福神にちなんだ七つの具材を入れてあるといいでしょう。最近では高級食材を入れてある太巻きもあり、選ぶ楽しさもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加